ブログ

つながり合う魂

2019年12月05日

今年も12月に入り、寒さも増してきました。

私は広島県の山間の雪の降る田舎町(名前もゆき町)で育ったのですが、宮崎でかれこれ22年過ごしていると寒いのが苦手になりました。

しかし、季節の中では秋から冬にかけてが好きで、寒さだけなければ、師走は大好きです。

というのも、お正月より大晦日、日曜日より土曜日、遠足に行く日より前の日、旅行では行く途中が好きです。

とにかく、目的にたどり着くのではなく、その道中がとても楽しい。

先日、患者さんで手相鑑定をされている方にちょっと見ていただいたら、「珍しい!先生はユーモア線がありますね」と言われました。

やっぱり、根っからの盛り上げ役だったのかと納得しましたが、肝心の運勢を聞きそびれてしまいました。

運勢と言えば、来年のことが気になると思いますが、個人的には世の中は大きな転機を迎えると思います。

最近の世の中の情勢もそうですが、どんどん悪いことは暴かれていっています。

芸能界では沢尻エリカさんもその一人ですが、自分で言わなければ逮捕されることもなかったのに、言ってしまった背景には、偽りを通し続けることができない何かがあったのかもしれません。

実力も財力もある人でも、誤りがあれば、いつかは正される。


高額納税者日本一にもなられた斉藤一人さんは、このように語られています。




昔はね、優れたテクニックさえ持っていればうまくいった時代があるんです。

特殊能力があるとか、うんと勉強ができる人とかね。

いい大学を出ていれば、人への愛があろうがなかろうが、出世もできたんだよ。

ところが、今はそれができないの。


傲慢なことをしていたら、部下が言うことを聞かなくなるし、会社に人が入ってこなくなるし、入ってもみんな辞めちゃう。

下の人間も強くなっているんだね。

いい時代だよ。


昔は画家やなんかでもエキセントリックな人がいたんだけど、いい絵が描ければそれでよかったんです。

ところが今は、あまりおかしな人の絵は売れないよ。

今はその人の作品だけじゃなくて、人間性も求められる時代。

それだけ、ゆとりができたということだね。

頭さえよければいいとか、何か一芸があればいいとかって、特殊な能力を持っていればワガママが通じるような時代じゃないんです。

特殊能力を持っていても、おかしいやつはおかしいって言われる時代なんだ。


役者やミュージシャンだって、最近は麻薬やなんかで逮捕されると、どれほど才能があってもなかなか表舞台には戻れないよね。

今はモラルが上がってきたんです。

自由にしていいことと、踏み外しちゃいけないことがある。


人をいじめるとか、嫌われることをして好かれることはできないんだよね。

世の中が、まともになってきたの。

みんな、豊かになったんです。

「衣食足りて礼節を知る」という言葉があって、人は生活が豊かになり、余裕ができて初めて、礼儀や節度に気を配ることができるという意味なんだけど。

今は食べ物が余るほどあるし、着る服だっていくらでも手に入る時代になった。

そうなると、次に人々が求めるのは「魂力(たましいりょく)」なんです。

強ければいいとか、頭さえよければいいっていうのは、そうでなきゃ食べるのに苦労した時代のことだよ。

豊かになったんだよ。

21世紀は、心の豊かさの時代なの。


          メルマガ「人の心に灯をともす」より 『斎藤一人 師匠は神様』マキノ出版




衣食住も満たされたこの日本には、今後は魂力、いわゆる精神力がますます必要となります。

そのいい例が、今年のラグビーワールドカップです。

日本人でない外国選手が、母国からの代表ではなく日本代表を選ぶ。

帰化するわけではありませんが、母国からの代表にはなれません。

キャプテンのリーチ・マイケルは、日本人の魂に近づくために、日本の歴史を学び、ミーティングでもメンバーにそれを語るほど勉強しています。

ラグビーだけ上手ければいいはずなのに、それだけでは勝てない何かを感じていたのでしょう。

その必要なものが  “ONE TEAM” だったのだと思います。

チームが一つになるためには、技術だけではいけない。

その象徴が、練習後に肩に手を乗せ退場する姿に表れています。

ラグビーワールドカップでの日本代表の活躍は、これからの日本を象徴しています。

来年は、いよいよオリンピックが東京で開催されます。

2025年には大阪万博もあります。

天皇即位、ローマ法王の訪日、精神世界も含め世界の視線が日本に注がれることが多くなっているということは、日本が世界のリーダーとして精神力を整えることの重要性を訴える役割があるのだと思います。

ストレスを多く抱え、精神的に不安定な人が多いこの日本には、家族、職場も “ONE TEAM” になることが必要なのでしょう。

私も “ONE TEAM” という言葉が大好きなので、ラグビー日本代表が必勝祈願に参拝した日向の大御神社に行きました。

日向灘を背にした本殿からは力強いパワーを感じましたので、ぜひ皆さんもお参りされてください。

これからこの神社は、きっと “スポーツの神様” になるはずです。


宮崎日大駅伝部はお参りしたかな?(笑)


ちなみに、金運の神様という巷の情報もありますので!


今年もあとわずか。

みなさんが健康で来年を迎えられますように。

                                       院長 野村





当院のご案内

医療法人 アクアブライト
野村循環器内科クリニック
〒880-0916
宮崎県宮崎市恒久5942-1
TEL. 0985-52-7171
FAX. 0985-52-1771