お知らせ

骨粗鬆症の検査

2013年03月01日

骨粗鬆症は、骨強度が低下し、骨折しやすくなる骨の病気です。

 

骨粗鬆症になると、骨の中がスカスカの状態になり、骨がもろくなってしまいます。

 

その結果、わずかな衝撃でも骨折をしやすくなります。


骨粗鬆症による骨折から、要介護状態になる人は少なくありません。その状態になると、生活の質は著しく低下してしまいます。


 生涯を健康で充実した状態で過ごすためには、血圧やコレステロール値を気にするように骨強度にも気をかけ、定期的に検診を受けたいものです。

 

当院では、デジタル骨塩定量測定+DIP(手のレントゲン)にて骨粗鬆症の検査を始めました。

 

簡単な検査で診断ができますので、来院時には、お気軽にスタッフまでお尋ねください。

当院のご案内

野村循環器内科クリニック
〒880-0916
宮崎県宮崎市恒久5942-1
TEL. 0985-52-7171
FAX. 0985-52-1771